メインイメージ画像

インターネット上のセキュリティを重視しないといけません

IT社会の進展により、ホームページを閲覧したりメールを送信したり、現代を生きる人においてインターネットは日常生活にないと不便なものになりました。インターネットは世界中に繋がっていて、沢山の情報に溢れています。インターネットを使用している人のさまざまな情報が行き来していて、大きなネットワークを形作っています。

でもインターネット上には、そんな情報を使用して色々な人に攻撃をしようとしている人も潜んでいます。ウイルスや迷惑メールや不正侵入など、その手口は多種多様で、巧妙かつ悪質です。インターネットを利用する上では、こういった悪意の第三者から狙われる危険性があることを知らなければなりません。

だからこそ被害に遭ってしまわないようにセキュリティを重視する必要があります。ウイルス対策ソフトをパソコンに入れておくことは基本中の基本です。これだけでも色々な悪意からパソコンを守ることができます。日頃から注意したいことですが、とにかく不審なメールは絶対に開かないことです。情報交換手段として日常的に使用されているメールですが、中には不正なプログラムが仕込まれているケースもあります。

メールにファイルが添付されているケースでは安易に開けるのはいけません。

それから、定期的にパスワードを変えていく習慣をつけることです。インターネット上というのはパスワードを使用する場面がとても多いです。買い物をする際にも本人確認のためにIDやパスワードを要求されます。他人に知られないようにして、その上定期的に変更して特定されないように注意しなければなりません。



加えて、気がついたらパソコンのデータバックアップをDVD等に保存するようにしましょう。セキュリティが弱いとパソコンの調子が悪くなってしまうことはよくあります。しっかりしたセキュリティソフトが侵入したウイルスを駆除できないような場合もあります。セキュリティがパソコンを守っても、そのパソコンが不具合を起こす事もあります。消えてしまったデータは戻りませんので、周期的にバックアップを取ることが保険になります。

更新情報